bmscorelogview – beatorajaのプレイ履歴を難易度表レベルと紐付けて表示

beatoraja のプレイ履歴を一覧表示できる Windows 用のソフトウェアを作りました。

ダウンロード

スクリーンショット

このソフトについて

スクリーンショットを見てもらえれば、機能はなんとなくわかるかと思いますが、できることは

  • プレイ履歴(クリアランプ、スコア、ミスカウントなど)を表示できる
  • プレイ履歴をクリアタイプで絞り込み表示できる
  • 曲を各種難易度表のレベルに紐付けて表示できる

「曲を各種難易度表のレベルに紐付けて」・・・ってなんのこっちゃ? と思うかもしれませんが、単にその曲が★いくつとか▼いくつとか◆いくつとかとか、みたいのを表示しているだけです。

設定画面で好きな難易度表を登録しておけば、プレイ履歴読み込み時に、その曲が難易度表に入っている曲ならばシンボル(★とかの)付きで表示されます。

動作環境

  • Windows 10
  • beatoraja 0.7.5
  • .NET Framework 4.7.2

使い方

まず bmscorelogview.exe を起動します。※初回起動時は、デフォルトの難易度表(通常及び発狂難易度表)を自動でダウンロード・登録します。

次に設定画面で、beatoraja のフォルダの中にある scorelog.db と songdata.db ファイルを選択してください。scorelog.db の方は player フォルダの奥にあります。

あとはお好みで普段使っている難易度表のURLを登録するとよいです。

そしてメイン画面に戻り、読み込み期間を指定して「スコアログ読み込み」するとプレイ履歴が一覧できると思います。

最後に

なにかありましたら問い合わせは私 ぷらいそ (@voidProc) までお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。